« 2015年2月15日 - 2015年2月21日 | トップページ | 2015年3月1日 - 2015年3月7日 »

2015年2月22日 - 2015年2月28日

2015年2月22日 (日)

ミニチュアホース☆ナノちゃんwith Dogs!動物介在療法を学ぶ

今日は朝から用事で出かけていました。

家に戻ったのは夜8時半過ぎ、、、

多めに乾草を入れてはいったものの、お腹がすいているだろうと

すぐ、ナノの元へ、、、

庭を見渡すと、バナナの皮が4本分落ちていました!

ひどい!

まさか、全部ナノに誰かが与えたわけ??

ひ、ひどい!

バナナ4本は多過ぎでしょ。。

きっと、ナノは喜んで食べたのかもしれません。。

が、ひどい、、、

お腹壊したらどうすんの!?

それか、誰かが食べて皮を捨てて行ったとか!??

いずれにしても、なんかやな気分。。

メグは部屋に入れていったのでよかった、、、

やだ、やだやだ、やだ、、、

気分を入れ替えて

昨日は動物介在療法を学んできました!

以前より興味はあったのですが、今回は参加することができてよかった!

(東京農大のバイオセラピー学科動物介在療法学研究室より)

Dscf1664

馬の手入れを学ぶ

Dscf1663

馬場にて、乗馬と引き馬を学ぶ

写真のように、馬を使ったアニマルセラピーと言ったらわかりやすいでしょうか。

日々、ナノを連れて歩き、ほぼ使命感に近い責任を感じながら

社会的役割といったら、気恥ずかしいほどですが、そういった思いを

叶えるにはどうやってナノを位置づけるかなどと、、、

考えていたわたしです。。

難しいことはさておき、人と深く関わる動物の活動とはどんなものなのか

と言ったことを勉強してきました。

馬以外にも犬や猫、うさぎ、など、、、

変わったところではカイコ、、、

これらの動物の世話をしたり、乗ったり、

カイコは箸でつまんだりする作業が身体機能の回復に役立ったり

こころの問題を少しづつ解決したりします。

生きることに困難を抱える人が日常を取り戻すきっかけになる

医療行為の一環として行われる、人間と動物が関わるプログラムのことです。

人間社会で生きる以上、ナノだってメグだって社会的役割が十分あるわけで

何気ない散歩での出会いでお年よりから小さい子まで、全員と言わないけど

愛される瞬間があり、いい出会いがあればお互いに幸せを感じて生きることが

自然でいい、といつも思っているのです。

その発展がわたしとしては、動物介在療法を学びたいというきっかけに

なったのです。

まだまだこれからですが、何か社会に役立ちたい!

つづく・・・

« 2015年2月15日 - 2015年2月21日 | トップページ | 2015年3月1日 - 2015年3月7日 »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • "家で、馬を飼ってみよう”♪
  • ☆いななき会☆
  • イグレット軽種馬フォスターペアレント
    http://blog.goo.ne.jp//fosterparent
  • ペット
  • ミニチュアホース☆ナノちゃんと犬の面白い関係
  • ミニチュアホースの日常生活♪♪♪
  • 日本の在来馬☆北海道和種馬、木曽馬,対州馬、野間馬、御崎馬、トカラ馬、宮古馬、与那国馬
  • 日記・コラム・つぶやき
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31