2006年6月 9日 (金)

ミニチュアホース☆ナノちゃんwithDog

_001 ヒロじい、ねてます。_016 最近の3にん。

_024 ナノ、寝ておきました。

_028 ナノの抜けた乳歯。

みなさん、こんにちは。

ナノとのコミニケーションはうまくいくときと、そうじゃないときと

あります。

一番大成功したことは、お手入れ好きのお馬ってとこ!!!

でも、慣れるまでは、噛まれてばかり・・・痛い、痛い。

なかでも、顔拭きは大成功!

最初は顔をかかえられるのをいやがりますから、それに慣れる

ように、最初は目の上にやさしく、くちびるを触れてみました。

感触、悪くないようでナノがじっとしたので、さらにやさしく、タオル

で触れてみました。これもOK!!!

いいぞ!よし、次は、という具合に、進めてみました。

それを、毎日毎日繰替えすと顔をこするのも、受け入れ、

今では、ごしごしこすってもらうと、気持ちいいらしく(顔が痒い)

ナノは、お口くちゃくちゃ、目は閉じて、恍惚状態で、まさに

馬の一番リラックスしたようすをわたしに見せ、からだの力を抜き

身をまかしています。

あの力持ちのナノもこの時ばかりは、わたしのものといった

具合で、幸せ!!!

毎日の、ブラシかけや、蹄の手入れの仕上げにこれをやってます。

今、挑戦してるのは、ナノの痒いとこをわたしが気づいてやれて

馬同士、首を交差してお互いをかみかみしている、あれをやって

やりたいです。まだ、成功率は低く、ナノと首とわたしの首をくっつけ

るのがむずかしい!!!

気に入らないと、首ふるから、危ない、危ない!

いつも、命がけ!のコミニケーションです。

つづく・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

ミニチュアホース☆ナノちゃんwithDog

みなさん、こんにちは。

ポチたまに、出てしまいましたあ。

ナノ達には悪いけど、地味な飼育日記だし、パソコンの腕悪いしで

いまひとつぱっとしない、ブログ・・・

を、自認してるわたしですが・・・

そこに、訪問してくださるみなさんに感謝していました。

そして、なんとか面白く、読んでいただけるようにと、思いは強いの

ですが、、、なんと

ポチたまのせいか?知りませんがわたしには考えられない訪問数

を確認させていただきましたあ!!!すごい!すごい!

ポチたま効果?って・・・(笑)

それに、懐かしい人からの、メールや電話!

ホント、びっくり!!!

               で・・・

ナノは、特に変わりなく幸せそうです。

ヒロ、ニキ、メグも!(ヒロじいは残念ながらテレビ出演なし)

最近、ナノと始めたのびのび体操。

写真ないのですが、わたしがナノの前足をもってのびをさせる運動

です。これはそんなにいやがりません。うれしそうです!

今度、写真撮れたらいいのですが・・・

つづく・・・

_049 去年の写真ですが、笑ってるような顔06_044_1 あそび

06_052_1 ゴローンと転がる

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日)

ミニチュアホース☆ナノちゃんwithDog

_087 こんにちは、みなさん。私たちはナノのテレビ放映も終わり、やっと気持ちが落ち着きました。

どんなふうに映るのか心配でしたがふだんのようすが自然に出ていたのでよかったです。

ヒロの若返り作戦も調子がよさそうです。

まあなにせ15歳半なので気をつけていないとはしゃぎすぎて疲れては元もこうもないので子犬のメグの出番は要チェック!

老犬ヒロとこいぬのメグ これもまた面白いです!

さて、ナノはおもしろくなさそうです・・・というのもボク以外はみんなおうちに住んでいて、ボクだけ外・・・これには不満がありそうです。

おおいに・・・

ある日ヒロがおしっこのため、外にでてそのまま玄関のドアーをあけたままにしていたら。あら、びっくり!!!

ナノが玄関をあがって次の部屋にいました。

夫に怒られて、蹄の音をたてながらあわてておりていきました。

かわいそう・・・

と・・・思いましたよ!ホント

夫もわたしも憧れは昔の南部曲がりやのように、いえの人と馬たちが同じいえに暮らすあの暮らしです。

入り口が一緒で入ると土間なので、馬たちは自分たちの寝床に行き、人はそこでごはんを炊く・・・あれです!!!

そうすればお互いの気配がわかり雨の日も同じ屋根の下、幸せです。

まあ、ナノが来てからはそうもいかず・・・ボクだけ・・・

ブーイング。

ごめんね。

つづく・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

ミニチュアホース☆ナノちゃんwithDog

_104 _104 いつものふたり_089 お気楽ナノ

2月24日金曜日、夜9時から,所さんの学校では教えてくれないそこんところ という番組にナノがでます。TV東京12CHです。

大林素子さんが取材にきてくれました。どんな取り上げ方なのか私たちにもわからないのですが、楽しみです。

記事を更新して写真を入れたら、変なモザイクが入ってびっくりです!!!

みにくくてごめんなさい!!!

| | コメント (3) | トラックバック (2)

ミニチュアホース☆ナノちゃんwithDog

みなさん、こんにちは。

家族がふえました。ハスキーの子犬です。おんなのこ。

名前はメグです。生後2ヶ月すぎ、うちに来て今日で3日目・・・

子育てにまた忙しくなりそうです。老犬ヒロが面倒見がいいので彼に子育てに参加してもらって若返ってもらおうという作戦です。

こうなると不思議なものでうちで一番幼いはずのナノが急にりりしく、おにいちゃんに見えるのがおかしい!

ホント、なぜかおにいちゃんに見えるなあ。

ニキータはこうなるとおばさんか・・・

そういう私たちは、ますます、死ねない・・・おじいさん、おばあさんになったとしても、そうはいかない。(笑い)

ナノはというか、夫は、ピニョンさんの講習会でひたすら馬場を歩いて習得したレッスン1,2,3のテクニックで年末からナノの調教に磨きをかけていたけど・・・

実は反抗的なナノはいつもタイミングをみては、いうことを効かず先走っては私たちをふりまわしていました。

それにも負けず、私たちもがんばって根気強く相手をしていましたが、去勢の手術後しばらく散歩を控えていたせいで、ナノはすっかりレッスンを忘れ・・

・・・た、ふりをして全然やる気なし!!!  困りましたよ!!!これって、

去勢の効き目もまだあまり感じないし、

すっかり、疲れた夫は、短鞭も持たずにここ1週間くらいになるでしょうかナノに合わせて道草喰いの散歩に戻りました。ああ、よかった。

いいのか、わるいのか、わかりませんが、以前の束縛から解放されたナノは

いつもと変わりなく、お気楽、極楽な馬稼業に幸せいっぱいです!!!

つづく・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

ミニチュア

昨日は3ヶ月ぶりに装蹄師のWさんが、来てくれました。ナノの蹄のカットです。

人間の爪と同じで蹄も伸びます。見ていると切れ味のいい刃物で、削っていくのでスルスルとめくれるように切れていきます。そこを狙ってニキータが落ちた蹄のかすを食べに行きます。

1時間くらいの時間がゆっくり流れ、前後左右のバランスを丁寧に見ながら微調整してナノを歩かせます。

彼によると、もっと小さい時は4つの蹄の減りが違っていたそうですが、このところバランスよく減っていると、うれしそうに話してくれました。

お手入れの間は気持ちよく寝ています。したくちびるをゆるめながら・・・立ったまま。

この時の顔が大好きです。かわいくって

3ヶ月会わなかった間にピニョンさんの講習会に参加したこと、去勢したことなどナノの変化や体調などを聞いてもらいました。

馬についての知識が豊富なことはもちろん、たいへん優しい心の持ち主で動物に触れるその手の動きがやさしさを表しています!

わたしも見習おうと、いつも感心しているわけです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

ミニチュアホース☆ナノちゃんwithDog

in_040 in_101 in_022 みなさん、こんにちは。

ナノは、乳歯が取れ始めました。昨日くちびるをめくり、歯ぐきをのぞいたとこ

ろ、前歯の左側がすでになくて、すぐ後ろに大人の歯がみえていました。(笑)

面白いですね。これって・・・前にもお話しましたが、犬も生え変わる時があって、拾ってとってありますけど。けっこう、これが喜びなんです!!!

ナノは外なのでどこかに落ちているか、自分でモニョモニョしているうちに、食べちゃったか・・・   そんなところでしょうか・・・  でも拾いたい!

大型動物・・・ナノはミニですが・・・でも大きいのはやっぱり成長がゆっくりですね。犬も大きいほうがゆっくり大人になるようです。だから幼いのでしょうかそんな気がします。

いつも、遊ぼう遊ぼうと誘ってきます。力が強いし、噛むので痛いし、適当にからんでやると、そこから、結構本気モードに入りはじめ、すりすりと顔をわたしにくっつけて、自分の体をどんどん下げてよっかかる感じになります。それにわたしが耐えられるといいのですが、100kgはさすがに重い!

耐え切れず倒れそうになると、その遊びは終わってしまいます。そのあとが知りたい!どうやって遊ぶのか!

でも、フランス人のトレーナーピニョン氏の講義ではそんなことをする馬は人を尊敬していないと言っていました。

そして、リーダーであると思っている馬が遊びを誘うらしいのです。ピニョンさんに言わせると。

と、言うことは・・・私は、夫は、ナノの下・・・まさに、しもべ、かも・・・。

ぶーっつ、ショック・・・   じゃあ、ニキータは、どうなの???

見ていると、ニキは絶大なる信頼をナノから寄せられています!絶対!

なんで!なんで!   何がちがうのよ!  これって!

私たちはせっせと、ナノのごはんを作ってやったり、世話をやっているのに!

ニキは適当にナノの相手をしてやり、適当に母親役をやっているのに!

何が、ち、が、う、の、よおっ???

誰か、お、し、え、てーーーーーーー!?

ちょっと、興奮気味のわたしですが・・・。

毎日、こんなです。。。なんで?なの。

つづく・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

ミニチュアホース☆ナノちゃんwithDog

みなさん、こんにちは。

ナノは生後6ヶ月でうちに来ました。おかあさんからの乳離れができた頃です。

わたしと夫はよく噛まれました。

これが痛くて痛くて、そこらじゅうアザだらけです。

上下揃った前歯は四角くて、大きいのです。

その歯で私たちのかわをつまむようにして、引っ張るわけです。

プッチーンって感じです・・・痛い、痛い!!!

すぐに鼻を叩いて叱るのですが、一瞬反省らしいそぶりを見せながらまたやるわけです。

時には、まるでおかあさんのおっぱいを吸うがごとく、チューチュー、チュパチュパ、とわたしの手をとってベロベロ、キュッキュとやるわけで、かわいくて、つい手を犠牲にしているわけですが、これって、何?

痛い、痛い、に、かわりはないのですが・・・

ニキータには同じようにして激しく、ガツーンとあそんでいますが、噛むのは加減しているのか、楽しそうです。でもたまに、ニキータも悲鳴をあげているのでどうなんだろう???

加減しているのでしょうかねー・・・ニキには・・・

わたしたちには、ナノが甘えて、遊んで遊んでと言っているように思えるので、叱りながらも許しているいるのです。

でも、痛い!のよ!これ、、、

老犬のヒロも生後一年未満の時は甘噛みが耐えなくてアザがない日はないという時が確かにありました。

でもあれれ、と思っているうちになくなりました。

の世界でも、7,8年もたちゃあ直るよと言ってなぐさめてくれたおじさんもいましたが、っそ、そ、それは、長いってもんですー。

そんなこんなで、オトコっぽくなってきた思春期のナノは人間でいうと中学生くらいらしく、益々、力は強くなるし、はなし、きけっかよー、って感じで生意気!

毎日、悪戦苦闘している、わたしたちです。

ホント、笑いあり、痛み、あり、って

笑っちゃう  って!

去勢の効き目も今のところ、まったく!!! なあし!!!

つづく・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

ミニチュアホース☆ナノちゃんwithDog

in_027 in_023 F1000012

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ミニチュアホース☆ナノちゃんwithDog

こんにちは。今日は雪です。ずうっと降り続いています。

雪の中、ニキータを連れて散歩に行きました。目指すのは河原です。きっと真っ白に違いないと思って行きました。途中滑らずに無事に水辺のある真っ白な世界に到着。ニキータを放してやりました。

ニキータは大きなからだを縮めて、すでに先に行っていました。団子のように丸まりながらこちらにぶっ飛んできました。うれしくて、丸まって走るのです。

こちらも、うれしくて、なんだか、雪をつかんだりして、ニキータにぶつけたり、あいつは、雪の中に鼻をつっこんで走り転げたり、・・・いい、感じなのです。

まあ、長年の経験からこれ以上長くやっていると、いいことばかりじゃあなくなるので、、、

 というのは、その幸せな雰囲気は二人だけのためにあるのではないのです。

気づかない時に、気のあわないこがそこを通ったら、もし、ニキがケンカ、売ったら、大変。

 というようなことを、さっと考えて、楽しいまま帰ることを、わたしは前に学習しました。(笑)

戻ると、今度は老犬のヒロが、ワシも行く というので、そのまま近くをまわってやりました。

ハスキーのヒロは15を超えたじいさまですが、雪の中、短い距離をしっかり走って、笑っていました。

         さて、ナノは、というと・・・

去勢手術後は、切ったままの状態にしてあるので、血がまだ少し出ます。昨日くらいからは散歩もOKとなったのですが、今日はパス・・・仕方ない・・・

ナノの手術は庭でした。鎮静剤と麻酔でバターンと倒れたら、そこで執刀開始。夫が片足を持ち上げ、先生のヘルプ、わたしは、お湯を汲んだり、ニキータの見張り、、、

ニキータは大変。!ナノがなんかされると思って飛んで行こうとそれはそれは大変でした。

ほんの10分くらいでしょうか・・・見事なまるいものを、先生は私たちに見せてくれました。

大きな馬と変わらなねーなあと、そのしろものを、見せて言っていました。

  ふーっと、終わったことを確認。良かった。無事に・・・

その数秒後に、早くも、麻酔が切れ始めて、ナノがたちあがり、びっくり!!!

先生もあわてて、ナノを引き倒し、ナノはひっくりかえりながら、もんどりうつ、といった感じでしょうか・・・ビックリ、ビックリ!!!

ナノの顔にバスタオルをかけ直し、再び、日差しから遠のけ、ムニャムニャ・・・

また、しばらく横になりましたが、あとは目が覚めてしまい、もうろうと、庭をふらつき、ジトーっとしていました。

なにしろ、血をながして、治癒させていくらしいので、足のあいだ、デッキ、などは、痛々しい

状態で、かわいそうでした。。。

食事抜きのナノは腹減りの自分に気づき、腹、へったーとでも言うように、ぶひぶひいん と鳴き、いつもの彼に戻りました。  あー、よかったあ。

犬とは違う、馬の長い歴史の一部をみたような、その伝統的な手法というか、・・・動物の歴史というか、良くも悪くも、我々人間のやることはが、彼らの命そのものなんだ、ということを感じました。

つづく・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)